風営法改正|クラブが朝まで酒類を提供できる!!

風営法改正|クラブが朝まで酒類を提供できる!!

ハマーリムジンと決めポーズを取る芸人「ゆうたろう」さん。ゆうたろうさん、それどころではありません。先日6月23日に風営法が改正されました!!

風営法改正とは?

23日施行された改正風俗営業法では、原則午前0時以降禁止されていたクラブの営業について、アルコールを提供する店で、店内の照明の明るさが映画館の休憩時間と同じ程度の10ルクスを超える場合には、風俗営業とせず、新たに「特定遊興飲食店」の営業として許可を与えたうえで、各自治体が条例で定めた地域で朝までできるようになりました。

これは勝機!!

札幌には、いくつかのクラブがありますが、この風営法改正で、地域経済が微力ながらも活性化すること間違いありません。風営法の改正には、政治家やクラブ事業者に加えて、アーティストやDJらでつくられた「クラブとクラブカルチャーを守る会(CCCC)」が大きな役割を果たしました。

ご苦労様です。

以前はどうだったの?

風営法の改正前は、午前0時(一部では午前1時)以降のクラブ営業は法的に認められていなかったので、(実際には)深夜営業を大前提にしているクラブ事業者はなかなか立ち上がりづらくて。一方で、風営法の改正運動は、社交ダンスだったりサルサダンスだったり、そういった方々が組織だって活動されていた。で、われわれがユナイトしないでいたら、クラブは絶対においてけぼりになるだろうということで、「まずはDJとアーティストでアクションを」とはじまったのがうちの会ですね。【Zeebraさん

ガンガン盛り上げていきましょう!!

たぶん「クラブなんか行ってる連中っていうのはもう、『ヒューヒュー!』とか言って、周りを気にもせず大騒ぎばっかして、汚すだけ汚して帰るような連中なんだろう」って思ってる人たちがほとんどだと思うんですよ。でも、われわれは演者であると同時にクラバーで、楽しむほうの人間として考えても、そんなことないんですよね。【Zeebraさん

つまりはクラバーもマナーが重視される時代になってきているってことです。

そんなマナーも良くなっているクラブに貴女も、女子会を開いて行ってみませんか?

≫プランの確認はこちらから

≫皆で割れば安く済む?料金を確認する

風営法改正

いまDJっていうともう50代、60代までいるんで、長年やっている人たちはかなりの常識人だと思いますし。そういった部分で、われわれに何ができるかってことではじめたのが掃除だったんです。掃除だったら、とりあえずやれるだろうと。やって、嫌がられるわけはないだろうと。

掃除をする意味として大切だったのは、クラブが終わる時間を狙っていくこと。朝の5時に、渋谷のクラブ街に著名DJたちが集合してゴミを拾っていたら、そこを帰るユーザー達はちょっと意識が変わるんじゃないか。そこにタバコを捨てようとは思わないんじゃないか、と。

だんだんロビー活動的な部分が、事業者会に移っていけばいくほど、われわれはマナー啓蒙のほうを意識してやっていくようになって。「PLAYCOOL」という啓蒙キャンペーンを立ち上げたんですけれども、それがいま一番の中心になっています。【Zeebraさん

Festival Music Mix 2016 – Best of Electro House EDM

≫プランの確認はこちらから

≫皆で割れば安く済む?料金を確認する

Sponsored Link


fapeal%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%9300

Sapporo Blog Rankings

北海道札幌市の地域情報ブログサイトランキングに当サイトも参加中です。クリックして応援をお願いします。
☛☛
北海道札幌市 ブログランキングへ

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*